転勤とリロケーション

日本のサラリーマンには転勤が付き物です。
全国に支店のある大企業ならなおさらのことでしょう。
ただ、転勤することによって、役職が付き収入も上がっていくわけですから、いたしかたのないこととも言えます。
しかし、これがマイホームを買ったばかりであれば話は別です。
転勤は会社の命令ですから従わなければいけませんが、残ったマイホームはどうすればいいのでしょう。
家というものは、空き家にしておくと急激に老朽化していきます。
つまり、こまめな管理が必要となってくるのです。
このサイトは、こうした転勤族の空き家問題に欠かせないリロケーションというものについて解説します。

空き家となった家の有効利用の一つとして、リロケーションがあります。
リロケーションは、一定期間を第三者に賃貸物件として貸し出すというものです。
こうすることによって、家は維持管理でき、家賃収入も見込めるのです。
以前は、所有者がマイホームに戻りたくても、法的に契約更新を拒めない状況にありました。
しかしその後、法改正によって期間を定めて貸し出すことができるようになったので、一気にこのリロケーションが広がったのです。

リロケーションの注意点として、やはり契約期間が挙げられます。
借りる側も貸す側も契約期間を守らなければいけません。
自分の都合で早めたり長引かせたりはできません。
ただ、転勤族にとって今やリロケーションは欠かせないものとなりました。
注意点だけは気を付けてマイホームを有効利用しましょう。

Copyright © 2014 リロケーションは転勤族に欠かせない All Rights Reserved.